最新記事


アクセスカウンター


プロフィール

ぽかり

Author:ぽかり
…最近、やりたいことが、
まるで雲間から日がさすように、ぼんやりと、
…でも輝きながら見えてきました。 

 私は、某企業のサラリーマンであり、

 鬱、自律神経失調症の克服経験がアリ、

 心理認定カウンセラーでもあり、

 母親の介護もしています。

 悩みのHPでの回答とメルマガ発行は9年
 継続中です。
 
 ☆「私のこれまでの行動にウソはなくてよ」

 …私を知るには最高の情報群です!(ブログ、FBページ) 

⇒ もっと深い(不快?)自己紹介

 右欄の”カテゴリ”毎のリストを出したいときは、
 クリックいただくと、右欄の”タイトル”の下に
 リストが出ます。不便ですみません。

 今後共、よろしくお願いします!


最新コメント


全記事表示リンク


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:子供と一緒に!
 こんばんは~


 我が家では小学校3年生になる子供の問題で
頭を悩ませています。


 昨日まで一つだったのですが、
今日、もう一つ増えてしまいました。


 そのことで、ついさっきまで、ぼーっと
葛藤していました。


 問題は、授業中に鼻歌などを歌ってしまうのを
一度、注意を受ければ、止まるそうですが、


 また、少し時間が経つと無意識になのか、
歌い出して、また注意を受ける…。

 先生にしてみれば「バカにされている!?」とも
とられそうな態度。


 そして、今日、増えた問題は、

 「自分でゲームの制限時間を厳守できない」こと。


 うちの子供はゲームをした後に、まるで人が
変わったように言葉が乱暴になったり、
だるくなったり、気力がなくなる

症状がみられました。


 頭の中にゲームで興奮した時に出る脳内伝達物質
(ドーパミン系)が出まくったあとの副作用のようです。


 子供にゲームをさせるかどうか、時間制限
などの議論はあるのですが

こういう身体に出る症状が出る以上、親としては
制限せざるを得ないということで、


 ・一日、15分毎に15分休憩×4回=60分

 ・親の目の届かない場所…家の外にゲーム持ち出し禁止

 ・もし、破ったら1ヶ月 ゲーム禁止


 …という決まりを半年前に作りましたが、


 過去に2回守れず、先日、ようやく禁止期間を得てできる
用になったばかりなのに…また、守れずという
問題が起きました。


 今日は私が家にいて、友達を連れてきていました。
友達はゲームを持ってきていませんでした。


 彼の今日の持ち時間は15分。
午前中に既に45分を使っていたのでした。


 そして、友人とWiiというみんな出来るゲームを開始。

 私が時間を見て注意して、その時に、
「今日は終わり」ということを確認し合ったはずが、


 …その後休憩を終えて、友人から交代された時には
「もう終わり」の記憶が消えていて、

 …やってしまいました。

 一度、注意しましたが、…最後には休憩なしで
 やっていたので、「違反確定」となりました。


 友達が帰ってきてから


 ・違反内容の確認

 ・ゲーム没収

 ・一ヶ月のゲーム禁止、お友達の家へ遊びに
  行くのを禁止


 に加え

 ・ゲームを売る

 ・Willも売る

 ・ご飯抜き


 の罰も加えてしまいました。


 以前に妻と話し合った時、ゲームは危険なので
もう、今度破ったら距離を持たせるしか無いと
決めていたのもあります。

 妻が今日、用事で家にいないため、私が
そう決めて言い渡しました。


 …が、心理カウンセラーとして、
これでいいのか、考えていました。


 子供のため。


 ただ、この前提が、「子どもは自分で自制が出来る
年齢であり、できるはずだ。」


 …これがひっかかっていました。


 出来なければ、禁止とか、遠ざけるということは、

 自分の自制をするチャンスを取り上げることに
なりますし、

 「(今は)できない」人もいるという、
多様性を否定することにもなります。

 
 では、どうすればいいのか。


 こうでありたい姿を想像してみると、


 子供が主体になって、親の支援を受けながらも
なんとか、自制できる回数がだんだん増えてきて、

その事を喜びながら進歩している…。

 そんな状態がいいのではと思いました。


 少なくとも、親の顔色を伺いながら、ビクビク
しながらの自制は、副作用を生むのでは…と
思ったのでした。


 では、その為に、親ができることは何かを
考えていました。

 達成感を親も子も喜べる仕組み…。
 

 昨日読み終えた、脳の使い方の本と、

 録画してあった戦争記録、「海ゆかば」で
アメリカのシステマチックな生産や、訓練、
侵略過程を目にした後


 お風呂の中で思いついたのは、

 ・親が時間の管理の支援を行う
  (夢中になって忘れていたら、
   警告する等)

 ・管理台帳を付けておき、

  例えば今日のように友人が来て、
  
  ゲーム時間の規制を守れそうも無い、
 だけど呼びたいという場合のために、
 
  ゲーム時間を予め貯蓄するような
 システムを作るのはどうかと
 思いました。

  例えば、一日15分、4回できるのを
 一週間後に友人を呼びたいのであれば
 一日15分、”貯金ならぬ、貯時間”して
 7回分貯めておくという感じです。

  逆に、貯時間が15分×4未満の場合は
 友人は家に連れてこれないという
 ルールにしてはどうかと。

  また、学校での注意回数も

 ゲームの貯時間に対しマイナス
 するようにして、

 逆に言えば、学校で注意されないように
 努力すれば、

 貯時間を減らされることはない

 そして、貯時間がたまれば、
親も一緒に喜び、家で友人とゲームが
出来る…。


 そんな”報酬”のようにしたほうが
意欲が出るのではと考えました。
 
(実際、脳は、自分や周りが喜ぶ事に
効率よく働くそうです)


 うちは、こうしたシステムを
たいがいは親は提案しません(汗)

  
 腹案として持っておきますが、
子供に考えさせてきました。

 ですので、今回も「望む状態」
を共有した上で、

 「今時点では、子供だけでは
ルールを自制できない」ことを前提に

 新しい仕組みを考えてもらおうと
思っています。

 
 こうして書けて、ゆっくり寝れそうです。

 叱って抑えこんでしまえば簡単

 …でも育児はそういうものでは無いと
経験的に思います。

 親も真剣勝負しないと…。


DSC06597.jpg



 クリスマスのサンタさんにゲームのソフトを願う
子供の気持ち…。

 これも大事にしたいんですよね…。

 …もう注文しちゃったし…


 今日気づいた問題点…

育児 困る



 …写真は、子供のプレゼントのソフトを
楽天さんから買ったのですが…。

 このように、表示されてしまっています(涙)

 子供に見られてバレルかは?ですが、
購入後に見せられても…困ります。


 先ほど紹介した本です。

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)




 

 長文を読んでいただき、
ありがとうございました!

関連記事

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ♪脱・グーミンクラブ~認知症を恐れず未来の子どもたちの為に! all rights reserved.Powered by FC2ブログ