最新記事


アクセスカウンター


プロフィール

ぽかり

Author:ぽかり
…最近、やりたいことが、
まるで雲間から日がさすように、ぼんやりと、
…でも輝きながら見えてきました。 

 私は、某企業のサラリーマンであり、

 鬱、自律神経失調症の克服経験がアリ、

 心理認定カウンセラーでもあり、

 母親の介護もしています。

 悩みのHPでの回答とメルマガ発行は9年
 継続中です。
 
 ☆「私のこれまでの行動にウソはなくてよ」

 …私を知るには最高の情報群です!(ブログ、FBページ) 

⇒ もっと深い(不快?)自己紹介

 右欄の”カテゴリ”毎のリストを出したいときは、
 クリックいただくと、右欄の”タイトル”の下に
 リストが出ます。不便ですみません。

 今後共、よろしくお願いします!


最新コメント


全記事表示リンク


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ぽかり文庫


♪こんにちは。

精神科の現役の医者が、その経験から
精神医療の現状の問題や、

精神病と言われる症状の原因について
「愛着障害」に着目し、その対策と
しての安全基地の存在を、治療に
応用し効果を確認した内容を
まとめた本です。

支援者の傾聴の効果や、
やってはいけないことに関して、
愛着障害や安全基地の観点で
その理由について書かれていて

症状を見せている人、特にお子様を
サポートする方にとても有意義な
本です。


今回は愛着と親子、相互作用に
ついてです。


「愛着障害の克服」岡田尊司氏著
 光文社新書 2016年 11月出版



<愛着と親と子と…>

・安全基地を持たない子どもは、
様々な場面で、安定した愛着に
恵まれた子どもより

…行動や情緒の問題を呈しやすく、
「悪い子」として叱られ、制裁を
加えられやすい。

・子どもをつくらないという人の心理…
自分のことでも精一杯なのに、
母親なんてとうてい務まるとは思えな
かった。

・子どもに問題が起きているという場合、
母親自身が問題を抱えていたり、
行き詰まっていたりすることが多い。

・親(上司や配偶者の場合も同じく)に
愛着障害があり、特にその親から虐待
されたことによる未解決な課題を
抱えている場合には、

…親が自分に強いたことと同じことを
我が子(部下や配偶者)に強いてしまう
ことも多い。

親子17Feb7 

<愛着の相互作用とは>

・愛着は、個人を超えて備わった
相互扶助システムである。だから、

…誰かが助けを求めようとして行う
愛着行動に対して、回避型の人は
別として、

…周りの人は「助けに応えよう」とする
スイッチが入るようにできている。

・愛着は相互的な現象であるため、
自分が他の存在に愛情や世話を与える
ことによっても、

…愛着システムは活性化し自分の愛着
の傷を癒やすことが出来る。

・愛着障害を克服するということは、
自分が生きやすく幸せになるだけでなく

…自分が愛したり、自分を愛してくれる
存在を、生きやすくし、幸せにする
ことにもつながる。

・愛着障害を抱えている人は、愛着の
課題を抱えることによって、自分が
相手にとっての安全基地になれない
という苦しみを抱えている。

…そこに愛着という問題の相互的な
本質がある。

・自分が相手にとっての安全基地に
少しでも近づけば、相互性の原理に
よって、

…相手もあなたの安全基地になろうと
する。




…つづく

☆私のお友達のお友達の希望を
覗いていただけませんか?
卵 


144000人の世界の祈りは続く!


…2016年のイベントの記録はこちら


♪世界を友情で縫い合わせる~世界一のパッチワーク・マンダラ

DSC05040.jpg 


♪詫びる⇒流す、祈る⇒焚くと奇跡が?

炎2 



☆また、来年のイベントに 向けて 新たにスタートです!

イベントの後には新世界を 感じる夕日が…
DSC05058.jpg 


この活動の詳細は⇒こちら


 ☆こんばんは!ランキング参加しています。 
多くの方にみて欲しいのです。
 どうか、かけつけポチをお願いします!
  

<睡眠は心身の健康の要!>
…睡眠に不安のある人は全国民の5人に1人?
 あなたの睡眠を改善させるヒント、あります。
  睡眠バナー 


  ☆ポチっとお願いしますぅ!
人気ブログランキングへ

ザ・へんしん・プロジェクト!FBページ
「変わりたいけど、変われない」という方、
 ”変わり方”を再点検してみませんか?
変身ロゴ2 
 

…脱・グーミンクラブ!FBページ 
「子供たちと地球を救いたい」というお気持ちの方、 
身近な課題など、共有しませんか?
関連記事
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ♪脱・グーミンクラブ~認知症を恐れず未来の子どもたちの為に! all rights reserved.Powered by FC2ブログ