最新記事


アクセスカウンター


プロフィール

ぽかり

Author:ぽかり
…最近、やりたいことが、
まるで雲間から日がさすように、ぼんやりと、
…でも輝きながら見えてきました。 

 私は、某企業のサラリーマンであり、

 鬱、自律神経失調症の克服経験がアリ、

 心理認定カウンセラーでもあり、

 母親の介護もしています。

 悩みのHPでの回答とメルマガ発行は9年
 継続中です。
 
 ☆「私のこれまでの行動にウソはなくてよ」

 …私を知るには最高の情報群です!(ブログ、FBページ) 

⇒ もっと深い(不快?)自己紹介

 右欄の”カテゴリ”毎のリストを出したいときは、
 クリックいただくと、右欄の”タイトル”の下に
 リストが出ます。不便ですみません。

 今後共、よろしくお願いします!


最新コメント


全記事表示リンク


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:本の紹介

♪こんにちは。

私たちがメンタル的に問題を感じ、
その原因を探す時、最初に”はまる”
のが、「親のせい」という予測。

しかし、その「親のせい」をはるかに
超える、幼児期の壮絶な経験があっても
心身に健康な人が存在します。

「親のせい」と過去に縛られる
ことなく、「これからも」心身に
健康になれる可能性を本書で追って
みたいと思います。

今回は、レジリエンスを育てる
要素の一つ、親の子供に対しての
サポートについてです。

…親だけでなく、上司、先輩、
など育てる立場の方にも。




「親子で育てる折れない心」 久世浩司氏著
 実業之日本社社 2014年10月出版 1300円



<サポートの原点>

・子育てで心が折れそうになった
ときには「どんな子に育てたかったか」
という初心に戻る

・人は中年以上になったときに、何か
意味あるものに貢献できているかが
問われます。

…自分が培ってきた経験・知識・技能を
もとに、次の世代を育成していくことが、
その世代の課題となるのです。

・自己ベストに向けて頑張る子どもを
見守り励ます事が、親の役目では
ないかと思います。


<安全基地として>

・苦しい時に一人で再起するのは難しい
ものです。人の助けを求める事が
大事なのです。

・家にいる間は、親が子どもの努力
している過程や頑張っている姿を
やさしく見守り、

…その子のあるがままを認め、ほめて
励ましてあげることが親の大切な
役目だと思っています。

・子どもは保護者に自分の気持ちに
気づいてもらった瞬間…
共感された瞬間がうれしいのです。


<信頼感の大事さ>

・人との信頼性は、銀行口座の残高と
同じように増減するという事です。

…人との約束を守ったり、誠実な
振る舞いをしたりすることで、
信頼口座の残高は増えていきます。

…ところが無礼な振る舞いや不誠実な
行動をすれば、信頼口座の残高は
減ってしまいます。
信頼残高 

・親と子の信頼関係においても、
パパやママが子どもを信頼していない
ことが理由でトラストが
築けないことがあります。

・子どもに信頼してほしければ、
まずは、子どもに対する信頼を
言葉と行動によって示しましょう。

・子どもの要件にすべて親が
干渉することは、子どもへの信頼が
ない証拠となります。


つづきます…。



144000人の世界の祈りは続く!


…2016年のイベントの記録はこちら


♪世界を友情で縫い合わせる~世界一のパッチワーク・マンダラ

DSC05040.jpg 


♪詫びる⇒流す、祈る⇒焚くと奇跡が?

炎2 



☆また、来年のイベントに 向けて 新たにスタートです!

イベントの後には新世界を 感じる夕日が…
DSC05058.jpg 


この活動の詳細は⇒こちら


 ☆こんばんは!ランキング参加しています。 
多くの方にみて欲しいのです。
 どうか、かけつけポチをお願いします!
  

<睡眠は心身の健康の要!>
…睡眠に不安のある人は全国民の5人に1人?
 あなたの睡眠を改善させるヒント、あります。
  睡眠バナー 


  ☆ポチっとお願いしますぅ!
人気ブログランキングへ

ザ・へんしん・プロジェクト!FBページ
「変わりたいけど、変われない」という方、
 ”変わり方”を再点検してみませんか?
変身ロゴ2 
 

…脱・グーミンクラブ!FBページ 
「子供たちと地球を救いたい」というお気持ちの方、 
身近な課題など、共有しませんか?
関連記事
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ♪脱・グーミンクラブ~認知症を恐れず未来の子どもたちの為に! all rights reserved.Powered by FC2ブログ