最新記事


アクセスカウンター


プロフィール

ぽかり

Author:ぽかり
…最近、やりたいことが、
まるで雲間から日がさすように、ぼんやりと、
…でも輝きながら見えてきました。 

 私は、某企業のサラリーマンであり、

 鬱、自律神経失調症の克服経験がアリ、

 心理認定カウンセラーでもあり、

 母親の介護もしています。

 悩みのHPでの回答とメルマガ発行は9年
 継続中です。
 
 ☆「私のこれまでの行動にウソはなくてよ」

 …私を知るには最高の情報群です!(ブログ、FBページ) 

⇒ もっと深い(不快?)自己紹介

 右欄の”カテゴリ”毎のリストを出したいときは、
 クリックいただくと、右欄の”タイトル”の下に
 リストが出ます。不便ですみません。

 今後共、よろしくお願いします!


最新コメント


全記事表示リンク


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:世の中にツッコミを!
♪こんにちは。

今の政権がどうも解散して、
選挙をやるらしい…ということが
報道されていましたが、

…解散が決まりました(涙)


…北朝鮮とのミサイル問題の
最中に、
大量の税金を使って政治的空白を
作ることに違和感を感じています。


また、例の疑惑の国会での追求に
答えておらず、選挙の結果次第では
「無かったこと」になるかも
知れません。


ただ、大事なのは選挙をして”勝つ”
と言うことは、

民主主義のしくみでは、


・当選した党なり政治家の「主張」が
我々(公に)に認められたということ。


…主張とは憲法改正とか
(議席の3/4 得られた場合ですが)
軍備増強とか、言論の自由を奪うとか、

今の世の中とか、税金を使っての、
親友へのえこひいきの存在とか…

公約違反さえ

公約 


…公に認められた我々が決める!と
主張することが出来るということです。


仮に選挙結果が49対51でも、
その政党に対してNOといった人達の
意見が仮に49だとしても、

数が下回れば…それは無視される…。

それが民主主義の怖いところです。


なので今回のように、私たちではなく
政治家のための選挙になっている場合、

可能なら、この選挙をさせては
いけないと考えます。


しかし、残念ながら、

”私たちが選んだとされる政治家が
決める”

…ので、それを阻止する方法が
ありませんが…




…なので、選挙に行き、私たちの思いを
伝える事は、「買って応援」同様、
私たちにできる事の一つなのですが、

…せっかく投票しても、その成果が
正しくでるとは言えないのが
最大の問題です。

(選挙結果の自動集計機械はデータの
改ざんが可能?という情報もあります)

…絶対勝つという見込みがあるから
選挙に踏み切るのかも知れません。

ムサシ 
画像は投票用紙自動仕分けの機械…



…忙しい、忙しいと政治に関心が無い人も
何故か、託児所とか養育費援助、
教育の無償化、介護保険等では
しっかり関わったりします。


今回、高校までの学費の免除が選挙の
「エサ」のようになっていますが、

これから5年先、10年先を見据えた時、
今の政権が子どもたちの、安全を
維持できるのか…

…という見極めは、私たちの責任です。


選挙 








144000人の世界の祈りは続く!


…2016年のイベントの記録はこちら


♪世界を友情で縫い合わせる~世界一のパッチワーク・マンダラ

DSC05040.jpg 


♪詫びる⇒流す、祈る⇒焚くと奇跡が?

炎2 



☆また、来年のイベントに 向けて 新たにスタートです!

イベントの後には新世界を 感じる夕日が…
DSC05058.jpg 


この活動の詳細は⇒こちら


 ☆こんばんは!ランキング参加しています。 
多くの方にみて欲しいのです。
 どうか、かけつけポチをお願いします!
  

<睡眠は心身の健康の要!>
…睡眠に不安のある人は全国民の5人に1人?
 あなたの睡眠を改善させるヒント、あります。
  睡眠バナー 


  ☆ポチっとお願いしますぅ!
人気ブログランキングへ

ザ・へんしん・プロジェクト!FBページ
「変わりたいけど、変われない」という方、
 ”変わり方”を再点検してみませんか?
変身ロゴ2 
 

…脱・グーミンクラブ!FBページ 
「子供たちと地球を救いたい」というお気持ちの方、 
身近な課題など、共有しませんか?
関連記事
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 ♪脱・グーミンクラブ~認知症を恐れず未来の子どもたちの為に! all rights reserved.Powered by FC2ブログ