最新記事


アクセスカウンター


プロフィール

ぽかり

Author:ぽかり
…最近、やりたいことが、
まるで雲間から日がさすように、ぼんやりと、
…でも輝きながら見えてきました。 

 私は、某企業のサラリーマンであり、

 鬱、自律神経失調症の克服経験がアリ、

 心理認定カウンセラーでもあり、

 母親の介護もしています。

 悩みのHPでの回答とメルマガ発行は9年
 継続中です。
 
 ☆「私のこれまでの行動にウソはなくてよ」

 …私を知るには最高の情報群です!(ブログ、FBページ) 

⇒ もっと深い(不快?)自己紹介

 右欄の”カテゴリ”毎のリストを出したいときは、
 クリックいただくと、右欄の”タイトル”の下に
 リストが出ます。不便ですみません。

 今後共、よろしくお願いします!


最新コメント


全記事表示リンク


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:世の中にツッコミを!


♪こんにちは。

海外の人の方が日本について詳しい…
と言えば、一般的に

「ニンジャが未だ存在する」

「日本がどこにあるか分からない」

「中国の一部だと思われている」

「米国の植民地だと思われている」…

…と最後のは笑えない(!)認識をされて
いると思われがちですが、


エリート…例えば、世界を変えるとも
言われている優秀な起業家が集う
シリコンバレーの人々は、

私達より日本について詳しい…という
記事を見かけました。

シリコンバレー シリコンバレー2 


なぜ、そんな事が起きるのか。

そのヒントとして下記の質問に対し、
日本の小中学生の教員で答えられるのが
「数%」だとしたら?


問:日本の建国時期、建国者は?

皆さん、答えられますか?


正直、私は建国者と日付は答えられましたが
時代(西暦)は答えられませんでした。


答:紀元前660年の2月11日
(新暦…旧暦は1月1日)
神武天皇により建国された…

…事が、世界では理解されています。


しかし学校では、建国時期を教えていない
あるいは、矛盾したことを教えられて
いるはずです。

…戦後生まれの方は。


紀元前660年という時代は、
弥生時代に当たります。

建国…1つの権力が、いわゆる「日本」
地域を統治したことで日本という国が
できた、という事実があって、

(ちなみに日本を統治(征服ではない)、
するのに三代かかっている事に
日本の素敵な建国の理念があるのですが
それについては、また別途…)


弥生時代は、全国各地に権力者がいて、
争いあっていたという事実もあって

弥生時代 

学校では矛盾した歴史を教えている、
ということになると思うのです。

お子様がいるご家庭では、ぜひ、
教科書を開いて、子どもたちと確認
しあってみてください。



他国では小学生低学年のうちに、
自国の建国者と建国時期を教えると
言います。

ちなみに先進国で自国の建国のついて
しっかりと教えていないのは日本
「だけ」とも言われています。


自国の歴史を知らない子どもたちは、
自分が愛されて、大事にされて、
今、ここにいるということを

教えられない事になります。


その結果が、世界的にも多い戦後の
自殺者※の多さに出ているのかも
知れません。

※自殺者とは、遺書を残した場合の
自死のことで、遺書を残していない
場合は「不審死」とされ、
自殺者の数には入らず、

実質の自殺者の数は、10万人規模とも
言われています。



…自分が大事にされた結果、今、
生きていると感じれない方は、
ぜひ、この本でショックを受けて
頂ければ幸いです。

『続・聖なる約束 ヤマト人への手紙』
赤塚高仁氏著
きれい・ねっと2015年6月出版

続 聖なる約束 ヤマト人への手紙







訪れてみたいアニメ(凪のあすから)の聖地88箇所認定記念!

 

「日本神話とヤマトこころのお話」

今週末11月18日(土)

あの小山菜美さんも出演します!

 

 



<睡眠は心身の健康の要!>
…睡眠に不安のある人は全国民の5人に1人?
 あなたの睡眠を改善させるヒント、あります。
  睡眠バナー 


  ☆ポチっとお願いしますぅ!
人気ブログランキングへ

ザ・へんしん・プロジェクト!FBページ
「変わりたいけど、変われない」という方、
 ”変わり方”を再点検してみませんか?
変身ロゴ2 
 

…脱・グーミンクラブ!FBページ 
「子供たちと地球を救いたい」というお気持ちの方、 
身近な課題など、共有しませんか?
関連記事
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 ♪脱・グーミンクラブ~認知症を恐れず未来の子どもたちの為に! all rights reserved.Powered by FC2ブログ