最新記事


アクセスカウンター


プロフィール

ぽかり

Author:ぽかり
…最近、やりたいことが、
まるで雲間から日がさすように、ぼんやりと、
…でも輝きながら見えてきました。 

 私は、某企業のサラリーマンであり、

 鬱、自律神経失調症の克服経験がアリ、

 心理認定カウンセラーでもあり、

 母親の介護もしています。

 悩みのHPでの回答とメルマガ発行は9年
 継続中です。
 
 ☆「私のこれまでの行動にウソはなくてよ」

 …私を知るには最高の情報群です!(ブログ、FBページ) 

⇒ もっと深い(不快?)自己紹介

 右欄の”カテゴリ”毎のリストを出したいときは、
 クリックいただくと、右欄の”タイトル”の下に
 リストが出ます。不便ですみません。

 今後共、よろしくお願いします!


最新コメント


全記事表示リンク


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:子供と一緒に!
 こんばんは~


 この絵は、ある日の図書館の光景です。

応援62


 図書館の自習室で受験生らしき若者たちが、他人様と肩と肩を
寄せ合うように勉強をしていました。


 しかし、正直、私の価値観では「ありえない」と思いました。


 勉強…ある知識を記憶する、あるいは思い出しやすくするのを
効率的に行うには、

・感情が伴わない冷静な状態で、

・集中できて、かつ、

・適度なリラックス感が必要


 …だと思っています。

 顕在意識だけではなく、
潜在意識も総動員していく感じです。

 この状態を、先の「肩寄せ合う雰囲気」の中で
保てそうもないと思ったのです。


 …が、実際、こうして大勢の学生が他人と
肩を寄せ合い勉強している…。

(図書館のルールで友人など離れるように
なっていますね)

 まるで、見えない檻に入って作業をしているように。


 図書館のこの環境は、本当に「ベスト」なのか。


 単に家に居たくないのか。図書館以外に選択肢がないのか。


 …もし、この学生たちが「選択」を放棄し、
単に「図書館=勉強の場」として
何も考えずに集まっているとしたら、

それは、本人の勉強にも、今後のためにも
「危うい」のではと感じました。


 もし、大多数の受験生が、このような意識なら、

 環境を最適にした者…最適な環境を

「自ら選んだ者カチ」ではと思うのです。

 「カチ」…勝ちとも、価値とも言えます。


 もし、あなたが、ご自身にとっての最良の
選択をしているとは思えない…

…どこか、強制されたり、レールの上を
歩くような感覚があるのでしたら、


 応援している「Liveセミナー」への参加を「選択」することが
自分の道を選択するきっかけになると信じています。


 ここまで読んでいただきありがとうございました。

フィリピン台風支援講演3

 ☆ 最新情報は⇒こちら

 ☆ 2月20日までの受付になります。
   善は急げ⇒ http://be-quest.biz/live-s/

 ☆ 申し込んでいただけたら是非、参加表明を~
   ご縁を大事にしたいと思います~

   ⇒ https://www.facebook.com/events/1416855245227215/ 

 ☆応援動画を作ってみました!


関連記事

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル : ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ♪脱・グーミンクラブ~認知症を恐れず未来の子どもたちの為に! all rights reserved.Powered by FC2ブログ