最新記事


アクセスカウンター


プロフィール

ぽかり

Author:ぽかり
…最近、やりたいことが、
まるで雲間から日がさすように、ぼんやりと、
…でも輝きながら見えてきました。 

 私は、某企業のサラリーマンであり、

 鬱、自律神経失調症の克服経験がアリ、

 心理認定カウンセラーでもあり、

 母親の介護もしています。

 悩みのHPでの回答とメルマガ発行は9年
 継続中です。
 
 ☆「私のこれまでの行動にウソはなくてよ」

 …私を知るには最高の情報群です!(ブログ、FBページ) 

⇒ もっと深い(不快?)自己紹介

 右欄の”カテゴリ”毎のリストを出したいときは、
 クリックいただくと、右欄の”タイトル”の下に
 リストが出ます。不便ですみません。

 今後共、よろしくお願いします!


最新コメント


全記事表示リンク


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:子供と一緒に!
 先日、近所で子供を自転車に
載せたお母さんが信号待ちして
いました。

自転車2


 その時に、いろんな感情が
湧いたのです。心配、怒り、残念…。

 自分の経験から自転車で
転べば無傷では済まされない


 青春時代は氷で、砂で、
社会人になってもバイクで
時速数キロからの急ブレーキで(汗)

…バランスを崩し転倒した時に
打撲、捻挫、皮膚の裂傷など、

あの痛みは忘れられません。

 更に、車道に投げ出され
車にひかれる恐怖を味わった
こともあります。

 子供乗せ自転車は真っ先に
子供の頭が着地する構造のも
多いですね。

…しかし日本の場合、
倒れる構造の(普通の)
子供乗せ自転車が多い…。

自転車2


 別に自転車の使用を止めたい
と言うわけではありません。

 経験上、そのお母さんや、
そのお子さんに何かがあれば、
そのお母さんが責任を負う
…。

 人生の上でその犠牲が必須な
場合もあると思っています。


 自転車のりスクを知り、
子供を最悪失う可能性もある
ことは、

 その子供が必要とする自分が
”失われる”事も、おそらく
お母さん達は百も承知な
はずです。

 更に、お子様を愛し、守りたい
と思っているはず。

 なのに、なぜ、リスクのある
行動を取ってしまうのでしょう。

 恐らく、いろんな事情で、
子供への愛よりも、「自己防衛
システム(MBB)]
が勝ってしまって
いるように思うのです。


 時間短縮、ガソリン代節約、
あるいは自動車の維持費節約
(買わない)、
 マイホームの立地上の事情、

 そんな事情があるのかも
知れませんが、

 結果的にそれは、最悪、
子供や自分の未来を壊すリスク
への可能性に繋がります。

 それに対し、無関心とか
「とは、いってもね」と行動できない
言い訳として出るのは

 例えば「統計」「確率」。

 人間の知識の範囲で造り
あげた数値による説得方法。


…しかし事故は起きてしまえば
その時点で当人にとって
100%の確率になります。

 そんな人工のごまかし、
言い訳に従っている事に、

…愛を越えて支配されている事に
恐怖であり、残念です。

 こうした意見も、「自己防衛
システムMBB」
によって拒否、あるいは
無関心を決め込まれるでしょう。

…しかし、もし、何か、心の中で
動く事があるのであれば、どうか
そのメッセージに耳を傾けて欲しい
と願います。

 破壊者にならないために、
自分や子供たち、最悪、他人様を
”破壊”しないためにも。

 …リスク対応のお手本、海外では
三輪車となって極力転倒し難い
デザインになっているのは、流石。

 危機管理面でもカッコイイ
思います!

自転車1


☆ポチっとお願いしますぅ!

人気ブログランキングへ

ザ・へんしん・プロジェクト!FBページ
「変わりたいけど、変われない」という方、
”変わり方”を再点検してみませんか?
変身ロゴ2




…脱・グーミンクラブ!FBページ
「子供たちと地球を救いたい」というお気持ちの方、
身近な課題など、共有しませんか?


関連記事

テーマ : こどもと一緒に♪ - ジャンル : 育児

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ♪脱・グーミンクラブ~認知症を恐れず未来の子どもたちの為に! all rights reserved.Powered by FC2ブログ