最新記事


アクセスカウンター


プロフィール

ぽかり

Author:ぽかり
…最近、やりたいことが、
まるで雲間から日がさすように、ぼんやりと、
…でも輝きながら見えてきました。 

 私は、某企業のサラリーマンであり、

 鬱、自律神経失調症の克服経験がアリ、

 心理認定カウンセラーでもあり、

 母親の介護もしています。

 悩みのHPでの回答とメルマガ発行は9年
 継続中です。
 
 ☆「私のこれまでの行動にウソはなくてよ」

 …私を知るには最高の情報群です!(ブログ、FBページ) 

⇒ もっと深い(不快?)自己紹介

 右欄の”カテゴリ”毎のリストを出したいときは、
 クリックいただくと、右欄の”タイトル”の下に
 リストが出ます。不便ですみません。

 今後共、よろしくお願いします!


最新コメント


全記事表示リンク


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:身近な愛着障害の人達の記録


 おはようございます!
 
最近の母の生活で困っているのは、ワンコにアメ
を与えることです。

 元々、育児関係で砂糖のリスクを知ってから
砂糖が含まれる製品に嫌悪感があることもありますが、


 ・ワンコが床にアメをこぼすので床がベタベタになっていること

 ・ワンコが水を必要以上に欲しがり、おしっこの回数が増えること
 (=散歩や外に出す、あるいはおしっこシートを取り替える回数が増えること)

 ・ワンコがご飯を食べないこと…老犬なので栄養が偏り病気になる可能性が高まること

 …です。


 母に一応、言わないでおけば、それはそれでストレスが溜まるので
Iメッセージで「困っています」と伝えるものの、


 母としては、恐らく、唯一に近い、「自分がすることで相手が喜ぶ行為」が
奪われると感じるようで、「うるさい」と、「逃げ」に入ります。



 理屈的には、「お母さん、困りますね」と共感してくれる方もおられるかも
知れませんが、

 冷静に考えれば

 ・床がベタベタになる⇒マットでも敷いて掃除の負担軽減

 ・おしっこの回数が増える⇒母に庭だしをしてもらう、水を制限する

 ・犬の病気⇒母の自業自得

 と、対応ができる事に気づきます。母のしたい様にさせてあげる事は、
出来るわけです。


 愛着障害の傾向がある自分を客観視すると、

母に対する「困っています」の影には、

「自分を困らせないでほしい」
「もっと私を大事にして欲しい」
「砂糖の害には伝えてあるので、その知識を活かして欲しい」

という、要求があるのかなとも感じています。


そして、母にも

「私のすることを認めて欲しい(責めないで欲しい)」
「自分を大事にして欲しい」

という要求があるのかと思っています。
  
 
 …しかしお互い相手にしている期待が叶わなければ、
ストレスになり、悲しみになり、それが転じて(自己防衛が働いて)
イライラになる…。


 冷静さを保つスイッチの設定することが大事なようです。


 『愛着障害』というハンディ・キャプの
 詳細は、私の別ブログの記事をご覧頂ければ幸いです。

 ⇒http://blogs.yahoo.co.jp/nsmente/61278322.html
 ↓

愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書)




for Kindle(電子データ)
↓↓↓


愛着障害~子ども時代を引きずる人々~ (光文社新書)



 ☆もし、『見て損した』とは思わなかったのでしたら
ポチっとお願いします!!


↓次も!

にほんブログ村
↓最後に!

メルマガも宜しくお願いします~

関連記事
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ♪脱・グーミンクラブ~認知症を恐れず未来の子どもたちの為に! all rights reserved.Powered by FC2ブログ