最新記事


アクセスカウンター


プロフィール

ぽかり

Author:ぽかり
…最近、やりたいことが、
まるで雲間から日がさすように、ぼんやりと、
…でも輝きながら見えてきました。 

 私は、某企業のサラリーマンであり、

 鬱、自律神経失調症の克服経験がアリ、

 心理認定カウンセラーでもあり、

 母親の介護もしています。

 悩みのHPでの回答とメルマガ発行は9年
 継続中です。
 
 ☆「私のこれまでの行動にウソはなくてよ」

 …私を知るには最高の情報群です!(ブログ、FBページ) 

⇒ もっと深い(不快?)自己紹介

 右欄の”カテゴリ”毎のリストを出したいときは、
 クリックいただくと、右欄の”タイトル”の下に
 リストが出ます。不便ですみません。

 今後共、よろしくお願いします!


最新コメント


全記事表示リンク


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:食と美の安全
こんばんは~

 「砂糖は悪!」と民衆は認め
つつある…と覚悟したのか、
最近は、ダイエット◯◯などの
商品名で砂糖を使わないことを
アピールしている商品が多い
ですね。

シュガーレス商品


 そう、そこの『体重や体型を
気にしている貴方向け』の商品と
いうわけです。

 でも、個人的には、清涼飲料水
で砂糖を避けても、アイスとか、
お菓子には、根強く砂糖が
使われている今日、この頃、

…「気休め」程度かなと思って
しまいます(笑)。

 しかし、砂糖の代わりに
使用されている、人工甘味料。

…人が作り出しただけあって、
デメリットもあるようです。

 そのデメリットの中でも、

「もっと食べたくなる」と

カロリー取得量が増える事に
繋がる依存作用があるようです。

 「砂糖を減らそうとしたら、
何故か、太ったわ」という方、

 その答えがあります。

 合理性、理性で甘さへの欲求が
抑えられない方は、

 …超依存の可能性がありますよ。

☆ 超依存候補アイテムはこちら



<以下、山田博士メルマガから抜粋>

<引用1>

このダイエット系炭酸飲料だけでなく、人工甘味料や人工成分を使
ったあらゆる製品に対し、いま反発が高まりつつあると言うんですね。

やっと、アメリカ国内でも、国民たちは動き出したようです。

米国医師のコングロさんによれば、ダイエットをしている人が人工甘味料
を摂取すると、さらにカロリーを摂取したくなると言うわけですね。

これじゃ、何のためにダイエット食品を摂るのか。

同氏は「人工甘味料への依存が、おそらく甘さや糖分への欲求を引
き起こして、それが結果的に肥満やかたよった食事につながるのじ
ゃないか。

そして、ダイエット系炭酸飲料に入っている人工甘味料に脳が反応
してインスリンが分泌(ぶんぴつ)され、それが空腹感を高める。
とくに甘いものへの欲求を高める可能性はある」

……と述べているわけですね。

<引用2>

身近のかたに聞いてご覧なさい。

病院などでもそのように薦めていますし、みずからそのような甘味
料を好んでいる人も多いはず。

ただ単に、その甘さが「白砂糖じゃない」というだけで、ね。

いま述べたこのNAS(ノンカロリー人工甘味料)分子は、舌の上
に甘い味覚を残したあと、体内に吸収されることなく腸管を通過す
るんです。

これが、カロリー量が無視できる程度(あるいはゼロ)になる理由
だとされていますが、この論文によりますと、複数のマウスと少人
数の人間に対して実験を行った結果、このNASが「耐糖能障害」
を促進していることが分かったというんですね。

この「耐糖能障害」とは、何ぞや。

先述したように、血糖値の上昇を伴う糖尿病の前段階に当たる状態
のことなんです。

「耐糖能異常」……とも言いますが、血糖値が糖尿病と正常の間の
境界型糖尿病のことなんですね。

いわば、糖尿病予備軍。

<引用終わり>

…写真は、シュガーレスで
検索したら出てきた画像…。

シュガーレス


山田氏のメルマガ記事は
⇒こちら
引用1

引用2


☆ 画像はこちらから拝借しました


☆ポチっとお願いしますぅ!

人気ブログランキングへ

ザ・へんしん・プロジェクト!FBページ
「変わりたいけど、変われない」という方、
”変わり方”を再点検してみませんか?
変身ロゴ2




…脱・グーミンクラブ!FBページ
「子供たちと地球を救いたい」というお気持ちの方、
身近な課題など、共有しませんか?



関連記事

テーマ : 美容と健康 - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ♪脱・グーミンクラブ~認知症を恐れず未来の子どもたちの為に! all rights reserved.Powered by FC2ブログ