最新記事


アクセスカウンター


プロフィール

ぽかり

Author:ぽかり
…最近、やりたいことが、
まるで雲間から日がさすように、ぼんやりと、
…でも輝きながら見えてきました。 

 私は、某企業のサラリーマンであり、

 鬱、自律神経失調症の克服経験がアリ、

 心理認定カウンセラーでもあり、

 母親の介護もしています。

 悩みのHPでの回答とメルマガ発行は9年
 継続中です。
 
 ☆「私のこれまでの行動にウソはなくてよ」

 …私を知るには最高の情報群です!(ブログ、FBページ) 

⇒ もっと深い(不快?)自己紹介

 右欄の”カテゴリ”毎のリストを出したいときは、
 クリックいただくと、右欄の”タイトル”の下に
 リストが出ます。不便ですみません。

 今後共、よろしくお願いします!


最新コメント


全記事表示リンク


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:本の紹介
 こんばんは~

 今回は、ネットビジネスで著名な方の本の紹介です。

  著者の和佐さんは、ネットビジネスでは「スゴイ人」
の中の一人です。

 首から下が動かないというハンディキャップを
負っていて、それでいて、数億規模の稼ぎが
何故あるのか?

 
 …というビジネス論、かつ、一人の成功している
人間への好奇心の2つの方向で期待して読みましたが、


両方に関して、期待が叶うのに十分な内容でした。


  ビジネスに関しては、時代考察を交えての、
仕組みや必要知識を惜しみなく

…ある意味、
読者が同じ成功をしたいのであれば
「行動力」が試されているように感じました。


 さて、このブログの書庫の名前は
「心についての本」なのに、なぜ、ビジネス書を
と思うかも知れませんが、


  ビジネスの解説の中で出てくる「行動力」に
関して、
 
 「可能性」「自由」
 「(自由を阻害する)レール、壁からの脱出」
 「人間関係」「コミュニケーション」

 について、

 …心理面、人間行動学の観点も含め、人生論、
成長のしくみを絡めて解説されています。


  未だ、二十代との事ですが、やはり、
行動と経験、体験をしている人は違う…

…と感じました。


  そういう意味で、ビジネスの基礎を知りたい、
 成功した秘訣を知りたい という人に加え、


  ・ご自身の存在価値等が見つからない

  ・就職できない

  ・自信がない 

  …というような心理面…自尊心の低さ故の悩みを
 抱える人にも、
 
 とても役立つ情報が歯切れよく解説されています。


   …個人的には、 ドキっとする質問がありました。

 ・家族がいるから好き勝手できない?
 
 →「お前のことを信用していない家族なんて捨てて
   しまえ。 

 好き勝手やらなければ共倒れするのはそいつらだよ」


 ・「家族がいる」と守るべきものを主張する人が
  居ますが、守る方法として正しいやり方は
 「現状を維持すること」なのか、

 それとも「家族の未来をもっと可能性豊かなものに
 すること」なのか、どっちでしょうか。

 「守る」ということを考えれば、絶対に後者を選ぶべきでしょう。

 いま、ここにいる自分として、自分の可能性を広げるためには
 何をすればいいのか?答えは既に持っているはずです。

 硬苦しく考えることはありません。自由に考えればいいのです。


 …という部分に、「う~ん、そうだよな、だけど…」と 
言い訳している自分を見つけました(汗)

 個人的には、ビジネスには、人の幸福感につながる
要素が沢山あると思っているので、 

 元気になりたい人に、特にオススメです。
 

 テトラポットに札束を 和佐大輔 氏著 
 幻冬舎 2013年10月出版 952円

・僕が提唱している「70億分の1の生き方」とは、
 自分だけの価値を生み、自分だけの役割を持ち、
 自分だけのストーリーを生きていくということです。


・ビジネスは価値を生み出し、誰かに提供し、お金と交換
することで成立します。

 「自在にお金を生み出せる状態」は、簡単にいえば、
「価値を生み出せること」と

「価値を感じる人をみつけられること」と

「スムーズに交換できること」、この3つの条件を満たす
ことによって実現します。


・「いまここ」(の事実、感じれること)を全部認めて、
その上で可能性を知り、その可能性を生かせば、

「この時代に生まれて
よかった」と心の底から思えるようになるはずです。


・閉じた目、閉じた耳、閉じた思考、閉じた興味を
開きましょう。 それが全ての第一歩です。


・「他人は他人」「自分は他人」「世界は自分」
「自分は世界」という意識で生きて行ったら、
一体何人分の経験を積むことが
 出来るでしょうか?。


・僕らは本質的に無知で、バカで、無価値観だと
いうことを自覚しましょう。
絶望的な自覚からしか、「可能性」は
生まれません。

 自分の機能的評価は絶望的でも、未来の
可能性は無限です。


・100%コミュニケーションを成立させる方法は、
「自分から相手に興味を持つ」ということでしょう。


・自分の存在価値を見つけることも、それを形に
することも、

 ビジネスにすることも、全ての始まりは
想像することにあります。


 重要なのは「自由に想像すること」です。


・全ての常識、全ての価値観は、世界に
無数にある物語の一つでしかありません。

「唯一無二で絶対的のもの」では無く、
「無数にある物語の一つ」なのです。


「自分がその物語の一員であることを自覚し、
それを望んでいるかどうか」が重要です。

テトラポッドに札束を (単行本)



関連記事

テーマ : 楽しく生きる - ジャンル : ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ♪脱・グーミンクラブ~認知症を恐れず未来の子どもたちの為に! all rights reserved.Powered by FC2ブログ