最新記事


アクセスカウンター


プロフィール

ぽかり

Author:ぽかり
…最近、やりたいことが、
まるで雲間から日がさすように、ぼんやりと、
…でも輝きながら見えてきました。 

 私は、某企業のサラリーマンであり、

 鬱、自律神経失調症の克服経験がアリ、

 心理認定カウンセラーでもあり、

 母親の介護もしています。

 悩みのHPでの回答とメルマガ発行は9年
 継続中です。
 
 ☆「私のこれまでの行動にウソはなくてよ」

 …私を知るには最高の情報群です!(ブログ、FBページ) 

⇒ もっと深い(不快?)自己紹介

 右欄の”カテゴリ”毎のリストを出したいときは、
 クリックいただくと、右欄の”タイトル”の下に
 リストが出ます。不便ですみません。

 今後共、よろしくお願いします!


最新コメント


全記事表示リンク


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:子供と一緒に!
♪こんばんは~

アメブロでお世話になっている
こばやしやすしさん より、
「感謝のバトン」を受け取りました。

「感謝のバトン」のルールは2つ


①3つの感謝を5日間書き出す

②終わったら3人にバトンを回す
 

というものです。

…なんかこれとは違う流派(?)
もあるみたいですが…

…この活動の起源など調べても
出てこないので、引き継ぎをお願い
する時に、受ける側も困りそう
ですが、

「直感」で「やる!」と思えた方、
ぜひ、引き受けて頂ければ幸いです
(笑)。

…私の場合、5日連続で投稿する
媒体が無い(フェイスブックの
タイムラインは投稿自粛中(汗))
ので、5回の投稿は2つのブログ、
フェイスブックページを跨いで
やってみたいと思います…。

とりあえず、スタート!(笑)

================
3つの感謝で5日間 1日目
================
(↑紹介者のフォーマットを
そのまま使います(笑))

1)子ども(育児経験)

同じ血が流れているけど、一人の
人格を持った存在である子ども。

赤ちゃんの時の世話をした時は、
親の苦労を知る手がかりになり、

大人になることで忘れた、失った
大事なことを思い出すきかっけに
なり、

育て上げるという役目を果たす
という挑戦の機会を与えてもらう

自分の存在価値を感じさせて
くれたり、

笑顔や何気ない子どもの優しさに
元気づけられたり、驚かせられたり
と、

貴重な経験をさせてもらっています。

2)親

いろいろと確執はありましたが、
育児を体験してみて、命をつなぎ
独り立ちさせてもらったことには
とてつもない労力や思いやりが
込められていたと感謝しています。

3)病気

病気があったからこそ、病気を
克服したくて、医療、心、体に
ついて学んだおかげで仕事以外の
適正に気づかせてくれたり、

生きづらさやストレスにつながる
価値観の是正をすることが
できました。

次回はこちらのブログで書きます!

=============
では、第2部(?)の本題へ。

世の中には、「害」の被害を受ける
人がたくさんいます。

…大人然り、子ども然り…。

それは、「害」を知らないで、あとで
悔やむという場合もあれば、

「害」を知っていても、欲とか、心の
不満足感、劣等感などの”不足”を
埋め合わせたいという欲が邪魔して、

…結果的にあとで悔やむという場合も
多いです。


今回紹介する、ディスプレーの害に
関しても、

(写真は懐かし仮面ライダーV3より
テレビバエ…)
テレビバエ

睡眠障害など、体に問題が起きている
のに、その原因や対策を調べること
無く深刻になるまで放置する…

…そして対処療法(薬とか)で
済まそうとして、どんどん悪くなって
いく…

…という場合が多いです。


…結果的に自分の体を粗末にしている
事になります。

そういう状態になって、初めて気づく
ことも大事なことではありますが、

…もし、子どもが関わるのであれば、
まだ、学ぶ力が幼い場合は「辛かった」

…で終わってしまう事も多く、教訓と
して残らない事はもったいないですね。

…ですので、普段から親が自ら
(害への情報に敏感になり対処する事を)
背中で語りつつ、子どもを守る姿勢
必要と考えます。


<以下、細田さんメルマガより>

さて、今日はスマフォやパソコンが体に与える影響について。


いろいろなとこで何度も話していますが、健康を維持するうえで最も
大切なのが生活リズム。


傷ついた遺伝子を修復して、昼間の集中力を高めるホルモンを産生するのは
夜のリラックスした時間だからです。


<中略>

特にスマフォや、パソコンのモニターから発せられるブルーライトは
交感神経を活発にして睡眠を妨害します。


*ブルーライトとは、波長が380~495nm(ナノメートル)の青色光のことで
ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、
強いエネルギーを持っています。


*ブルーライトは角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達
します。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、
このブルーライトが多く含まれています。


疲れがとれない、肩こり、腰痛、不眠、冷え性など不定愁訴に悩む方は、
夜遅くまでのパソコンやスマフォ利用が関係しているかもしれません。


ブルーライトをカットする眼鏡の着用に加えて、時間を決めて利用する
ことで生活リズムを整えていく必要があるかもしれません。

細田さんのメルマガへの登録はこちら

細田さんのアメブロはこちら

【ご協力のお願い】

この子の「生きたい」を一緒に応援
しませんか。可能性を繋げたい、
循環させたい全ての方へ。

キョウコさん


☆きょうこさんを救う会HP
http://kyoko-chan.jp/

【拡散希望】
行方不明の中学生、齋藤杏花さん
を捜す会を応援しています!
ご協力を宜しくお願いします。
齋藤杏花さんを捜す会
齋藤さん

☆ポチっとお願いしますぅ!

人気ブログランキングへ

ザ・へんしん・プロジェクト!FBページ
「変わりたいけど、変われない」という方、
”変わり方”を再点検してみませんか?
変身ロゴ2




…脱・グーミンクラブ!FBページ
「子供たちと地球を救いたい」というお気持ちの方、
身近な課題など、共有しませんか?





関連記事

テーマ : こどもと一緒に♪ - ジャンル : 育児

tag : 健康 食育 食事 教育現場

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ♪脱・グーミンクラブ~認知症を恐れず未来の子どもたちの為に! all rights reserved.Powered by FC2ブログ