最新記事


アクセスカウンター


プロフィール

ぽかり

Author:ぽかり
…最近、やりたいことが、
まるで雲間から日がさすように、ぼんやりと、
…でも輝きながら見えてきました。 

 私は、某企業のサラリーマンであり、

 鬱、自律神経失調症の克服経験がアリ、

 心理認定カウンセラーでもあり、

 母親の介護もしています。

 悩みのHPでの回答とメルマガ発行は9年
 継続中です。
 
 ☆「私のこれまでの行動にウソはなくてよ」

 …私を知るには最高の情報群です!(ブログ、FBページ) 

⇒ もっと深い(不快?)自己紹介

 右欄の”カテゴリ”毎のリストを出したいときは、
 クリックいただくと、右欄の”タイトル”の下に
 リストが出ます。不便ですみません。

 今後共、よろしくお願いします!


最新コメント


全記事表示リンク


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:本の紹介
こんばんは~

心のソムリエ!、ぽかりです。

秋めいた天気になりつつありますが、昼間は未だ日差しが強いですね!

今回は、「面白いほどわかる!NLPの本 梅本和比己氏著」を紹介します!

先回も、紹介しましたNLP関係の本ですが、こちらは、専門書の
部類の、技術が沢山書かれている本です。

「自分で無意識領域にアクセスしてみて、効果を試す」為の、
必要な知識が書かれています~

概念だけでも勉強になりますが、ぜひ、「試す…実践してみる」
ことをオススメします!

尚、詳細版は、アメンバ限定記事で紹介しています。

内容の概要は、以下のとおりです。

 面白いほどわかる!NLPの本 梅本和比己氏著 西東社 2011年5月出版 1300円

【概要】
<NLPとは>
・NLPとは五感(N)と言葉(L)を使って、脳に行動、思考、感情(気持ち)のプログラムをつくる(P)方法ということになります。

・NLPでは、やる気や自分の望む行動は、①自身の知性、理性(頭)と感情が一致した時に起こり②感情は体の状態に大きく左右される…つまり頭で理解したことを行動に移すためには、まず”体の状態(表情、口調等)”を変えることが大切になります。

・NLPはN(神経回路)とN(言語)を巧みに使うP(プログラミング)のことで、自分の行動や心理状態を望ましいものに変化させ、さらに幸せな人生を作っていくことを可能とする、素晴らしい方法なのです。

<NLPにより恐怖症を15分で治す…>
・恐怖症の急速治療…恐怖を感じるきっかけになった過去の体験に対して「安全な別の体験」という新たな神経回路をつくり、脳のプログラムを書き換える…過去の体験から恐怖体験を分離して、新たに「安全な別の体験」に適合(その状態に入って主観的に体験する)させるのです。

<物事、どんなことにも意味がある>
・いくら(意識的に)やめたいと思う行動があっても、その背景には必ず肯定的な意図があります。だから、その行動を変えられるのは、無意識のパートが賛成してくれたときにしか可能になりません。その為には、望ましい状態になるように働きかけることで無意識の中にあるパートを変えることができるということです。

・状況のリフレーミング:ある行動に対して、それがメリットとして活かされる別の環境や状況を見つける方法です。意味のリフレーミングは、ある行動に対して、状況は変えずに、別の(肯定的な)意味を持たせることです。
・フレキシビリティ(柔軟性)…ネガティブな出来事から、何か学べることはないかと発想を変え、肯定的に捉えるスキル。

<相互理解、信頼>
・相手の地図を理解することで起きる変化①相手の地図を理解することで、相手に対する評価や行動が変えられる②相手に理解を示すことで、相手の行動、考えが変わる③理解しあうことで、お互いの緊張や対立を和らげる事ができる…お互いの地図を知ることは、良好なコミュニケーションを築く上でとても役に立ちます。

・会話とは、お互いに、相手の話をよく聞き、それに合わせて反応し、相手の思いや伝えたいことを引き出していくことだからです。そうしていくことでお互いにラポール(信頼関係)が生まれ、心が通った会話になります。

・ラポールへのプロセスは1)相手をよく観察する(キャリブレーション)2)相手のペースに合わせる(ペーシング)3)相手と同じ動作を行う(ミラーリング)で、相手がリラックスして会話がはずむ、和やかな雰囲気になると成功。

<脳の特徴>
・メタ・モデルの普遍的モデルは1)省略:体験のある部分に注意を向けて、他の側面を除外すること 2)歪曲:現実を歪めて表現すること 3)一般化:たった一例であるのにかかわらず、あたかもそれが、すべてのように表現すること。

・脳の特徴①現実とイメージの区別がつかない(イメージで過去に体験済みのプログラミングされたパターンを呼び出すことが出来る)④「意識の状態(自分が気づいている状態。大脳皮質を使っている状態)では、2つのことを同時に考えることはできない。③安心・安全を求め、痛み、恐怖、悲しみを避ける。快感につながる思考や行動をするときは、脳が最大限に働くと言われています。

<無意識へのアクセス>
・人がほんとうに望んでいることや、問題を解決する力(リソース)は、無意識の中にあると考えました。(ミルトン・エリクソン氏)

・NLPスキルの特徴は、潜在意識(無意識)の領域に働きかけ、自分でも気が付かない力を引き出すことにあります。

・コミュニケーションは他人とだけではなく、無意識のうちに自分とも行っています。

・メタファー(例えの形式を取らない比喩)は、ある一つの考えを、他の考えと結びつけることを可能にします。また、複数の意味を持たせることができ、人の心を開かせる可能性をもっているのです。メタファーの表現では、どれも言葉通りの意味ではなく、極めて示唆に富み、聞く人に独特の効果をもたらします。

<問題解決>
・ヒーローズ・ジャーニー(英雄の旅)の流れ by ショーゼフ・キャンベル(アメリカの心理学者…神話の共通点)…1)天命を聞く(夢や希望を抱く)2)天命に従う(夢や希望に向かって行動する)3)分岐点を超える(このまま突き進むべきか迷う)4)守護者がみつかる(協力者が見つかる)5)試練にあう(強力なライバルやトラブルに遭う)6)変容…試練を自分のリソース(資源)に変える(目的を果たすために過去の経験を生かしたり、新しい知見を得る取り組みを行う)7)課題完了…試練を克服し、天命を全うするための方法を見つける(試行錯誤の末、新しいノウハウを見つける)8)故郷に帰る…英雄として帰還する(見事に夢を叶える)

…ヒーローズ・ジャーニーは、日本の神話にも通用しますね。

面白いほどよくわかる!NLPの本


関連記事

テーマ : メンタルヘルス・心理学 - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ♪脱・グーミンクラブ~認知症を恐れず未来の子どもたちの為に! all rights reserved.Powered by FC2ブログ