最新記事


アクセスカウンター


プロフィール

ぽかり

Author:ぽかり
…最近、やりたいことが、
まるで雲間から日がさすように、ぼんやりと、
…でも輝きながら見えてきました。 

 私は、某企業のサラリーマンであり、

 鬱、自律神経失調症の克服経験がアリ、

 心理認定カウンセラーでもあり、

 母親の介護もしています。

 悩みのHPでの回答とメルマガ発行は9年
 継続中です。
 
 ☆「私のこれまでの行動にウソはなくてよ」

 …私を知るには最高の情報群です!(ブログ、FBページ) 

⇒ もっと深い(不快?)自己紹介

 右欄の”カテゴリ”毎のリストを出したいときは、
 クリックいただくと、右欄の”タイトル”の下に
 リストが出ます。不便ですみません。

 今後共、よろしくお願いします!


最新コメント


全記事表示リンク


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:子供と一緒に!
こんばんは~

先日、ブラッド・ピット氏
主演の話題作、「ヒューリー
を見てきました。

フューリー


内容は…ネタバレになるので、
これから見に行く方はご遠慮
下さいね。

舞台は第2次世界対戦のドイツと
アメリカの戦争です。

戦争の世界。

子どもが自分たちをゲリラとして
一般人に紛れて殺しに来る。

その子どもを見つけたら即殺す
事を求められる。自分のために、
仲間たちの為に。出来なければ
心身共にボコボコにされる

映画の中でも怪しい子ども
見逃した結果、他の部隊の兵隊が
殺されるシーンが描かれています。

生きるために殺し、殺された側は
恨みを抱きながら相手を殺す。

唯一、仲間だけしか信じれない
世界。子どもすら、命を狙ってくる
世界。

人を殺す事は、自分を傷つける…。
良心に反し、相手の弁解の言葉、
助けを求める言葉を除外し、
規則にそって殺戮する。

第二次世界大戦の後、生存した方が
戦時中の事を口を重く語らなかったり
精神的に落ち込んでしまったり
したのも、

…そんな「良心に逆らう」
行為に恐怖し、自己嫌悪し、
罪悪感をもって後悔したからだと
言われています。

戦場の中では、命からがらの
戦闘による巨大な恐怖が、

反転形成の為に、本能的に威嚇、
攻撃的な態度を取らせるようです。

映画の中でも描かれていましたが

破壊、人を強制的に自分のモノに
しようとする、レイプ…。

それは、まるで「良心」が壊れた
かのように、生物としての欲が
丸出しになるような様でした。

イラクでアメリカ兵がした、破廉恥な
行為もニュースになりました。

私達の社会で起きる、
いじめ問題や殺人事件の背景にも
同じような”恐怖”と反転形成が
あるとも言われています。

…そして、「正気」に戻った時、
自分のした事が、犯した罪だと
気づく時、

後悔、自己嫌悪、罪悪感が生じ、

自分の行為への恐怖、悲しさが
高まり、

戦争の恐怖と相まって反転形成を
生み、威嚇や攻撃、破壊を繰り返す


…という悪循環が想像されます。

そんな世界に未来の子供達を
行かせたいでしょうか。

もし、行かせたくない、行かせない
強い意思があるのであれば、
その意思を見せる事を考える機会
だと感じました。

なぜ、今、戦争映画なのか

ブラッド・ピット氏が製作総指揮者と
して、そして俳優として、泥だらけの
スマートではない映画へ
参加したのか。

戦争映画を選択したのか。

残念ながら、語られていませんが、
親として「戦争」への、子どもたちの
参加を危惧したから
ではと、勝手
ながら思いました。

題名のフューリーは「激しい怒り」
いう意味だそうです。

今後、親が如何にフューリーを体現し、
子ども達を守るのか。

…この国で、その覚悟が試されるのは
もうすぐです。

【ご協力のお願い】

この子の「生きたい」を一緒に応援
しませんか。可能性を繋げたい、
循環させたい全ての方へ。

キョウコさん


☆きょうこさんを救う会HP
http://kyoko-chan.jp/

【拡散希望】
行方不明の中学生、齋藤杏花さん
を捜す会を応援しています!
ご協力を宜しくお願いします。
齋藤杏花さんを捜す会
齋藤さん

☆ポチっとお願いしますぅ!

人気ブログランキングへ

ザ・へんしん・プロジェクト!FBページ
「変わりたいけど、変われない」という方、
”変わり方”を再点検してみませんか?
変身ロゴ2




…脱・グーミンクラブ!FBページ
「子供たちと地球を救いたい」というお気持ちの方、
身近な課題など、共有しませんか?


関連記事

テーマ : こどもと一緒に♪ - ジャンル : 育児

tag : 食育 攻撃 教育 良心 心理 戦争 子ども ヒューリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ♪脱・グーミンクラブ~認知症を恐れず未来の子どもたちの為に! all rights reserved.Powered by FC2ブログ