最新記事


アクセスカウンター


プロフィール

ぽかり

Author:ぽかり
…最近、やりたいことが、
まるで雲間から日がさすように、ぼんやりと、
…でも輝きながら見えてきました。 

 私は、某企業のサラリーマンであり、

 鬱、自律神経失調症の克服経験がアリ、

 心理認定カウンセラーでもあり、

 母親の介護もしています。

 悩みのHPでの回答とメルマガ発行は9年
 継続中です。
 
 ☆「私のこれまでの行動にウソはなくてよ」

 …私を知るには最高の情報群です!(ブログ、FBページ) 

⇒ もっと深い(不快?)自己紹介

 右欄の”カテゴリ”毎のリストを出したいときは、
 クリックいただくと、右欄の”タイトル”の下に
 リストが出ます。不便ですみません。

 今後共、よろしくお願いします!


最新コメント


全記事表示リンク


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:子供と一緒に!

こんばんは~♪

最近の子どものブームは

デュエルマスターズ・カード

ミニ四駆

カードヂュエマ


…なのですが、この2つの遊びに
共通するのは…

装備”が勝敗の大部分を締め、
本人の能力とか、努力とか個性が
反映される度合いが小さく感じる

事です。

私は昔、ジムカーナという車の競技の
真似事をしていたのですが、

まず、車の性能があって、タイヤ、
ブレーキ、サスペンションの硬さ

…など、ある程度の装備を揃える
必要があり、揃ってからようやく
”腕”が試されます。

タイヤだけで数秒縮まってしまうと、
金欠だった私は、腕だけで勝負だ!と
意気込むものの、そのハンディは、
認めて貰えないし、何かわびしいもの
がありました(汗)

今のカードもミニ四駆も、ある程度の
装備が揃ってやっと、スタート台に
立てて、そこから勝つための工夫とか
努力のモチベーションが上がるので、

…お金に限界がある子どもには、
辛いのかな?と感じてしまいます。

ビジネスモデルなのか、最近では、

縄跳び
シューズ

ですら、性能差をアピールしてますね。

良い装備だから勝てる、お金があるから
勝てる…何か違うような気がするんです。


そういう意味では、

野球盤とか、サッカーゲームとか、
テレビゲーム、そしてラジコンは、

そういう意味では装備は共通で、後は、
本人たちの腕で決まるのでいいですね。


勝ち負けがある世界の習字、ピアノも
道具は同じモノなので、これも腕で
決まりますし、

DSC02786.jpg


スポーツ…

サッカーとか、野球とかも、
そういう意味では装備への依存が少ない
ので、いいのでしょうね。

なんか、「勝つ」を連呼してたら、また
そんなに「勝つ」事ばかりのめり込むのも
なんか人格形成に悪影響がありそうにも
感じてきました。


競うより、楽しむ価値観を育てる方が
大事
なのかも。


芸術系のダンスとか、歌(カラオケ)とか。
絵とか、工作とか、料理とか、動画制作
とか(うちはやってます)、マネごととか

料理1
(画像はイメージ(笑))
手作りカード
(自作のカード作り)

…こうして文章を書くとかも

…楽しみやすいですね。


ちなみに先ほどでた、懸案の(笑)
子どものカード。

DSC02641.jpg


子供は、小遣いという自分の自由にできる
お金で購入(価値交換)したあとは、

子どもたちは、カードの交換をしている
様です。

そこには、大人の目ざとい市場価値による
値付けより、お互いのニーズが合えば交換
という感じのようです。

そこにはギスギスした様子は無さそう…。
(◯◯円投資したので元を取りたいとか)

そのカードが出るために買った
カードの数や(投資額)とか変な怨恨は
無さそうです。

基準は相手のニーズにあうか…喜んで
もらえるか


こういう世界は何か素敵な感じがします♪


【拡散希望】
行方不明の中学生、齋藤杏花さん
を捜す会を応援しています!
ご協力を宜しくお願いします。
齋藤杏花さんを捜す会
齋藤さん

☆ポチっとお願いしますぅ!

人気ブログランキングへ

ザ・へんしん・プロジェクト!FBページ
「変わりたいけど、変われない」という方、
”変わり方”を再点検してみませんか?
変身ロゴ2




…脱・グーミンクラブ!FBページ
「子供たちと地球を救いたい」というお気持ちの方、
身近な課題など、共有しませんか?





関連記事

テーマ : 子育て - ジャンル : 育児

tag : 教育現場 子ども 戦争 購入意欲 教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ♪脱・グーミンクラブ~認知症を恐れず未来の子どもたちの為に! all rights reserved.Powered by FC2ブログ