最新記事


アクセスカウンター


プロフィール

ぽかり

Author:ぽかり
…最近、やりたいことが、
まるで雲間から日がさすように、ぼんやりと、
…でも輝きながら見えてきました。 

 私は、某企業のサラリーマンであり、

 鬱、自律神経失調症の克服経験がアリ、

 心理認定カウンセラーでもあり、

 母親の介護もしています。

 悩みのHPでの回答とメルマガ発行は9年
 継続中です。
 
 ☆「私のこれまでの行動にウソはなくてよ」

 …私を知るには最高の情報群です!(ブログ、FBページ) 

⇒ もっと深い(不快?)自己紹介

 右欄の”カテゴリ”毎のリストを出したいときは、
 クリックいただくと、右欄の”タイトル”の下に
 リストが出ます。不便ですみません。

 今後共、よろしくお願いします!


最新コメント


全記事表示リンク


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:ビジネスに結びつきそうなネタ!?
こんにちは~

先日、子供が、スキー合宿に行った際のおみやげとして、
2種類のまんじゅうを買ってきてくれました。

一つは、合宿の方々超オススメのおまんじゅう。

そして、もう一つは、彼が「見栄え」で彼なりに一生懸命に選んだまんじゅう。

我が家は、育児を機会に、食べ物等の安全についてイロイロ調べた結果、
「リスクがあるものは避けよう」という方針になっていて、食材を選んでいますが、
今回のおまんじゅうの成分には、しっかりとNG食材(添加物)が含まれていました。


 …鮮やかな色を出すための人工着色料は様々なリスクが有ると言いますが、
 (参考:http://www.fine-club.com/health/eco/tenka/index3.html )
 
 何よりも、原材料の”品質”を補うために、リスクが有る素材を使ってでも

 商品の差別化をするという、安易な商品企画にガッカリしました。

 …おまんじゅう。甘さ、食感を楽しみます。確かに見栄えは大事かも知れません。

 でも、リスクがあったり、この着色や味の誤魔化し(アミノ酸なども含有)をした結果なのか
は知りませんが、本来大事なはずの「味」は…残念、そのものでした。
(オススメのものと雲泥の差)

 私たち家族の、この饅頭を口に入れた瞬間の表情変化と、
(一応、気づかれないように頑張ったのですが(汗))自分で食べて何か感じたのか、
子供のガッカリした表情が忘れられません…。

 まんじゅう。おみやげとするなら、やはり、喜んでもらえるものが良いと思います。

 そういう意味で、リピーター率の低いと思われる、差別化の為に
本来確保すべき味を失った商品に未来はあるのか…

 反面教師として、心得ておきたいと思います。

<今回のスポンサー>
皆さん、包丁をもって、将来の医療費を含めた節約を始めませんか?

いつも、いつもありがとうございます~
(いつも、いつもランキング圏外(汗))
 ↓                ↓


関連記事
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ♪脱・グーミンクラブ~認知症を恐れず未来の子どもたちの為に! all rights reserved.Powered by FC2ブログ