最新記事


アクセスカウンター


プロフィール

ぽかり

Author:ぽかり
…最近、やりたいことが、
まるで雲間から日がさすように、ぼんやりと、
…でも輝きながら見えてきました。 

 私は、某企業のサラリーマンであり、

 鬱、自律神経失調症の克服経験がアリ、

 心理認定カウンセラーでもあり、

 母親の介護もしています。

 悩みのHPでの回答とメルマガ発行は9年
 継続中です。
 
 ☆「私のこれまでの行動にウソはなくてよ」

 …私を知るには最高の情報群です!(ブログ、FBページ) 

⇒ もっと深い(不快?)自己紹介

 右欄の”カテゴリ”毎のリストを出したいときは、
 クリックいただくと、右欄の”タイトル”の下に
 リストが出ます。不便ですみません。

 今後共、よろしくお願いします!


最新コメント


全記事表示リンク


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:世の中にツッコミを!


♪こんばんは~


夢中になるということは、
通常は、良い事だとされています。

夢中になることがない?悲しく
ないか?虚しくないか?

…なんて説教を受けた人も、
たくさんおられるのではないで
しょうか。

しかし、物事は多面体…。

いい面が注目されてがちですが
良くない面もあるものです。

夢中は、何か物事に没頭すること
ですね。

…関心もエネルギーも、時間も
すべて一つのことに集中している
状態です。

そしてその結果、何かを成し、
本人や誰かの役に立てれば、それは
良いこととされます。

…が別な見方では、その一つ以外の
事を見なくて済む
…。

…逃げは言い過ぎかもしれませんが、
関心を持たないで済むし、ストレスによる
エネルギーも”浪費”できます。

この事が、実際に政策にされていると
感じるのが、中国、韓国の国政です。

日本バッシング


日本バッシング…。教育にまで日本を
憎むようにプログラムされている政策
の理由は…

国民の国々の国政への不満のガス抜き
…と言われています。

関心も不満に伴うストレスエネルギー
も他国に集中させることで、”浪費”
させ、政策批判へ関心を向きにくく
する…

夢中にさせるには、そんな効果がある
わけです。

「スクリーン」も「セックス」も、
そんな「夢中にさせる」政策でした。

そしてスポーツも同様、夢中にさせ、
エネルギーを浪費させる効果がある
のは、想像し易いのではないで
しょうか。

スポーツ観戦をすれば、プレーの
素晴らしさや、逆転などドラマ性に
心奪われ、応援しているチームが
あれば、熱心に応援する…。

スポーツ観戦


感情が動き、声を上げるなど、
エネルギーも消費します。

スポーツをやる側になれば、勝つとか
成績を向上させるという目的のもと、
技術向上の為の知識の入手や、
練習に集中し、エネルギーを消費
します。

…夢中になることができる…。

その効果は、政策などへの不満への
関心を薄めたり、不満のガス抜き

として現れます。


次回は、まとめです。

☆画像はこちらからお借りしました。
日本バッシング 
スポーツ観戦

<情報とお願い>

…そんな無関心な私達、国民を
試すかのように、市場での食品に
残留する農薬の量を増やすという
政策が予定されています。

…それも、先日パブリックコメント
を募ったばかりの農薬と同様の
ネオニコ農薬(アセタミプリド)
です。

この農薬も、子どもの脳や神経の
発達に悪影響を与える恐れがあること
から、ヨーロッパでは摂取量の基準を
「下げる」ことが提案されている農薬。

今時点でも、イチゴでの残留基準は
ヨーロッパの35倍の量まで認められて
います。(農薬も食べ放題…)

いちご


ぜひ、皆さんの思いをパブリック
コメントの形で届けて頂きたく
思います!

締め切りは3月13日です。
この活動については、こちら

署名はこちらから!20秒でできます。



【拡散希望】
行方不明の中学生、齋藤杏花さん
を捜す会を応援しています!
ご協力を宜しくお願いします。
齋藤杏花さんを捜す会
齋藤さん

☆ポチっとお願いしますぅ!

人気ブログランキングへ

ザ・へんしん・プロジェクト!FBページ
「変わりたいけど、変われない」という方、
”変わり方”を再点検してみませんか?
変身ロゴ2




…脱・グーミンクラブ!FBページ
「子供たちと地球を救いたい」というお気持ちの方、
身近な課題など、共有しませんか?





関連記事

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ♪脱・グーミンクラブ~認知症を恐れず未来の子どもたちの為に! all rights reserved.Powered by FC2ブログ