最新記事


アクセスカウンター


プロフィール

ぽかり

Author:ぽかり
…最近、やりたいことが、
まるで雲間から日がさすように、ぼんやりと、
…でも輝きながら見えてきました。 

 私は、某企業のサラリーマンであり、

 鬱、自律神経失調症の克服経験がアリ、

 心理認定カウンセラーでもあり、

 母親の介護もしています。

 悩みのHPでの回答とメルマガ発行は9年
 継続中です。
 
 ☆「私のこれまでの行動にウソはなくてよ」

 …私を知るには最高の情報群です!(ブログ、FBページ) 

⇒ もっと深い(不快?)自己紹介

 右欄の”カテゴリ”毎のリストを出したいときは、
 クリックいただくと、右欄の”タイトル”の下に
 リストが出ます。不便ですみません。

 今後共、よろしくお願いします!


最新コメント


全記事表示リンク


最新トラックバック


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:子供と一緒に!

♪こんばんは~

先日、子どもに騙されかけました。


我が家には、テレビを見る時間、
ゲームをする時間にルールがあり、
それを破ると、罰があります。

ルールの内容は、テレビは30分
見たら30分休憩、合計3時間まで。

ゲームは15分したら15分休憩、
合計一時間まで。

更にゲームに関してルールがない
お友達の家に遊びに行く場合は、
1日メディア(ゲーム、TV、
ipad等の端末)の閲覧禁止も
あります。

破った場合は、すべての
メディアを一週間〜一ヶ月
禁止です。


そんな中、子供が外で遊んできた
よと、ハァーハァー言って疲れた
様子でインターホンから連絡して
きました。

…しかし、偶然、数分前に自宅に
自転車が停めてあったことを私は
目撃していました。

つまり、外で遊んでいないのでは
と思い、問い詰めると
…自供し始めました。

自白


ゲームにルールが無い友達の家で
ゲームをしてたとの事。

早速、罰則を適用、事実上、
春休み中はメディア禁止となり、
予定してた仮面ライダーの映画も
中止になりました。



…罰を適用するのは機械的に簡単
なのですが、どうも心の中は、
荒波がざわめく感じがありました。

浮世絵


元々、ルールを作ったのは、
発達中の子供の脳や目、姿勢、
神経系への悪影響を心配したという
理由ですが、

姿勢
(姿勢の悪い例ですね(汗))

今回のように罰則を受けないように
嘘をついてでもゲームがしたかった
という子供の意思が存在することは、
再発防止のためにも、親としても
考えなくてはいけない事に加え、

いろんな感情が渦巻いているのを
感じました。



・子供がメディアにより精神的、
身体的なハンディを受けて
問題児になること、社会に迷惑を
かけることに対し親として責任を
負うこと、批判を浴びることを
恐れているという気持ち

・自転車をわざわざ動かし、
今、外遊びから帰ってきましたと、
演じた彼のアイディアへの評価を
「嘘をついた」とし、切り捨てて
いいものか、という気持ち…

…そのなんとか自分のしたいことを
達成しようと、ごまかそうとした
アイディア自体を評価したい
気持ち、


・知識を与えた上で、心身上の問題が
生じても彼の自己責任で選択するなら
仕方がないのか…という気持ち
(ルールでは縛りきれないという限界)


・子どもにとってメディア以外の
時間の過ごし方を考えるチャンス

・自分たちが子供の頃、同様に
ルールに対し、嫌だけど従わなくては
いけなかった事から、ルールに
従わないのは許せないという気持ち

・これが躾だ!正しいのだという
自分を正当化しようとする心の声


などなど…。

浮世絵



では、今回、子供がゲーム制限のない
友達の家に行きたいと思った時に、

子どもがどんな行動をとれば、
自分にとって望ましかったのかを
考えてみると、

…自分の本音が見えたりします。


「ゲームがしたいと言う意思表示を
し、その日のメディア禁止を
受け入れ、堂々と遊びに行って
欲しかった。

嘘をついては欲しくなかった」

…が自分の本音だった様です。


その本音の背景には、

自分が敷いたルールを否定しないで
ほしい…という怖さ、恐れと、

嘘をつかれる→あいつは騙してもいい
レベルの人だと、見下されるのが怖い、
大事にされないのが怖い、悲しい

という気持ちが大きいのかなと。

ある意味、おこちゃま的な気持ちが
残っているんだと気づきます。

恐れ


事実、罰が決まった後、半日、
子供を威嚇…半分無視してました。

これって、大人気ない…まるで
子供のいじめの態度ですね。

年齢は重ねていても、感情に対し
衝動的に動かされてしまう…。


…なので、たまに自分の本音を
棚卸をする事で、

自分が子供に為すことが、本当に
子供の為になっているのかを
再考する機会になります。

感情的でなく、冷静に判断、選択する
事で、後々後悔したり、自己嫌悪や
罪悪感を感じないで済むという
メリットもあります。

今回の出来事を、どの様に子供に
とって有益だったと後々思って
もらえるには、どうすればいいか。


丁度、桜が見どころの季節、
桜の下で、子供の団子を頬張る笑顔を
見ながら考えたいと思います〜

花見


☆画像はこちらからお借りしました
自供
ハート

【拡散希望】
行方不明の中学生、齋藤杏花さん
を捜す会を応援しています!
ご協力を宜しくお願いします。
齋藤杏花さんを捜す会
齋藤さん

☆ポチっとお願いしますぅ!

人気ブログランキングへ

ザ・へんしん・プロジェクト!FBページ
「変わりたいけど、変われない」という方、
”変わり方”を再点検してみませんか?
変身ロゴ2




…脱・グーミンクラブ!FBページ
「子供たちと地球を救いたい」というお気持ちの方、
身近な課題など、共有しませんか?





関連記事

テーマ : 子育て - ジャンル : 育児

tag : 子ども 教育 健康

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 ♪脱・グーミンクラブ~認知症を恐れず未来の子どもたちの為に! all rights reserved.Powered by FC2ブログ